再生可能エネルギーの活用で2020年のエネルギー効率目標を前倒しで達成

~目標を前倒しで達成 インガソール・ランド気候に関するコミットメント~

エネルギー効率の目標を達成

トレインが一翼を担うコングロマリット、インガソール・ランドの気候に関するコミットメントの一つに、「2020年までに企業オペレーションによる温室効果ガス排出を35%削減すること」があります。このコミットメント達成のために必要としていた2013年比10%のエネルギー効率の改善が、この度2年前倒しで達成されました。

このことについて、インガソール・ランドのイノベーション担当上級副社長兼最高技術責任者のPaul Camutiは次のように述べています。

「エネルギー効率は、建物、産業そして輸送用機器業界のお客様と自社のオペレーションすべてに渡り第一に考慮すべき事項です。 私たちは、この重要な目標を達成することができたことを喜ばしく思うとともに、エネルギー消費の削減と環境負荷を低減しつつ、お客様へ持続可能性に資する製品、サービスを提案、提供している世界のインガソール・ランドグループ従業員に感謝します。」

インガソール・ランドは自社の大型施設に対しエネルギー監査を行い、空調システム、EMS、照明の更新と、圧縮機の空気漏れの修理を実施し、その結果の確認と報告をしました。これらの取組により、以下の改善が確認されました。

  • エネルギー消費削減量:109,000 MM BTUs*
  • 電力使用量削減量:22,000 MWh

これらは、未燃焼の石炭2,600万ポンドと1,750世帯が1年間に消費するエネルギー使用量に相当します。

* BTU:英国熱量単位 British thermal unit の略。MM BTU:百万BTU

オンサイト・オフサイトでの再生可能エネルギー使用

 

オンサイト

インガソール・ランドは、気候に関するコミットメントをより意義深くし、環境への負荷を更に低減するために、再生可能エネルギー関連技術への投資を発表しています。同社の米国、中国における3つの大規模な工場に於いてソーラーパネル発電設備を導入し、これらの工場の電力負荷の15%を賄っています。このことは、560,000ガロンのガソリン又は1,000台の自動車を減らすことに相当します。

オフサイト

インガソール・ランドは年間約100,000MWhの風力発電による電力を使用するPPA**に署名しています。これは、ごみ処理場に持ち込まれるごみ26,000トンのリサイクルにより発電される電力量、または、600エーカー***の森林を維持することに相当します。

** PPA: Power Purchase Agreement(電力購入契約)
***  1エーカー:4046.764m²

BRC **** 年次総会での発表

約100社の企業の代表者が集い、再生可能エネルギーに関する新しい情報を共有するBRC年次総会がニュージャージー州ジャージーにて開催されました。BRCは非営利団体のRocky Mountain Instituteが運営する企業が再生可能エネルギーの電力を購入しやすいように支援するプロジェクトであり、インガソール・ランドはBRCのメンバーとして10GW以上の新エネルギー及び再生可能エネルギーを契約しています。

**** BRC:Business Renewable Center

 

インガソール・ランドの気候に関するコミットメントとは

気候に関するコミットメント

インガソール・ランドは、2014年10月に「気候に関するコミットメント」を発表しています。これは“製品”と“温室効果ガス排出削減に向けた組織のオペレーションおよび製品ポートフォリオ”から生じる気候への影響を軽減することを約束したものです。

  • 2020年までに、製品に使用されている冷媒による温室効果ガス排出量を50%削減し、また2030年までに地球温暖化促進の可能性が低い代替品を当社の製品ポートフォリオ全体に組み入れること。
  • 温室効果ガス排出の、長期に渡る低減に資金供給を行うため、今後5年間で製品関連の調査および開発に5億ドルを投資すること。
  • 2020年までに企業オペレーションによる温室効果ガス排出を35%削減すること。

インガソール・ランドはこれらの取組の一環として、自社の施設における温室効果ガスの排出量削減についての評価を行いました。これには、照明の交換や、CO2排出量削減、廃棄物の削減や節水に関する、会社としての取組が含まれます。この気候に関するコミットメントにより、当社(Trane)は現在まで、世界中で約670万トンのCO2排出量を削減しています。この量は70万世帯を超える家庭の消費エネルギーによる年間CO2排出量に相当します。当社は、2030年までに5,000万トンのCO2排出量削減を目指します。

アーカイブ