「世界で最も持続可能な100社」に選定

世界経済フォーラム(WEF)に参加し、持続可能な世界を目指す

アイルランド・ソーズ発 --(ビジネスワイヤ)-- トレイン・テクノロジーズ(ニューヨーク証券取引所上場 NYSE:TT)は、コーポレートナイツ社の「2021年世界で最も持続可能な企業100(2021 Corporate Knights Global 100 index of the world’s most sustainable corporations:以下Global 100)」に選出されました。

これはカナダのコーポレートナイツ社が8,000社以上の企業を厳格に評価し、2021年1月25日にダボスで発表した第17回年次ランキングによるものです。

「世界で最も持続可能な企業の一つとして、コーポレートナイツ社のGlobal 100に選出されたことを誇りに思います。」

トレイン・テクノロジーズ マイケル・W・ラマー会長兼最高経営責任者(CEO)はこう述べています。

「持続可能な世界のために何が可能なのか、大胆な目的を持って挑戦・リードし、環境と社会の原則を当社の戦略と事業に組み込むことは、正しいことです。それは会社の業績に役立つだけでなく、社員、地域社会、地球にとってより良い未来を築くためにも不可欠なことなのです。私たちは、これまでとは異なる考え方に挑戦し、大胆な行動をとり、協力的なパートナーシップを形成することで、気候変動のような世界的な大きな課題の解決に貢献することができます。」

Global 100社は、持続可能性のパフォーマンスに関する世界のトップ1%の企業で、資源管理、従業員管理、財務管理、サプライヤーのパフォーマンスを含む24の定量的な主要パフォーマンス指標で分析されています。クリーンな収益とエネルギー生産性を向上させたトレイン・テクノロジーズの進歩は、このランキングを達成するための重要な要因となりました。

持続可能性アジェンダの推進

世界で最も重要な課題に取り組むために、トレイン・テクノロジーズは世界経済フォーラムにアソシエイト・パートナーとして、今週のダボス会議に参加し、持続可能な経済成長を推進する他のグローバルリーダーと協力しています。1月25日(月)のセッション「Building Net-Zero Cities」では、トレイン・テクノロジーズの会長兼最高経営責任者(CEO)のマイク・ラマーが講演しました。

世界経済フォーラムとのパートナーシップは、世界のエネルギーや素材の生産、供給、消費方法を再構築する取り組みを通じて変革を促し、気候変動、食糧システム、持続可能な国際開発に向けた行動を加速させることに貢献します。

Trane Technologiesとその主要ブランドであるTraneとThermo Kingは、世界最大の持続可能性の課題のいくつかを解決し、大胆な2030年サステナビリティ・コミットメントで運動をリードし続けています。これらのコミットメントには、顧客の温室効果ガス排出量を1ギガトン(世界の年間排出量の2%)削減、カーボンニュートラルなオペレーション、リーダーシップのジェンダー平等、地域社会を反映した多様な労働力などが含まれています。また、トレイン・テクノロジーズは、教育へのアクセスや学習のための健康的な環境、気候教育、労働力開発への多額の投資を行い、地域社会にポジティブな変化をもたらしています。

トレイン・テクノロジーズについて

トレイン・テクノロジーズは、グローバル・クライメート・イノベーター(世界的気候改革者)です。当社の戦略的ブランドであるトレイン(Trane®)とサーモキング(Thermo King®)、そして環境に配慮した製品とサービスなど豊富な製品群を通じて、効率的で持続可能な気候ソリューションを建物、家庭、交通機関に提供しています。

tranetechnologies.com

Trane Technologies News Release(英文)

ビジネスワイヤ掲載記事(英文)

 

アーカイブ